美術の教員免許ってとるの大変?実際に取得して感じたメリット・デメリット

この記事は約5分で読めます。

教員免許ってとるの大変?

結論から言うと大変です。

どれくらい大変かっていうと、同じ学部で大学1年次に教職課程を受けた生徒は40人いましたが4年次には10人になっていました。4年間で仲間が30人も減ってしまいました。

例年に比べると多いほうで毎年【1年次30人→4年次2人】くらいになる。

そんな大変だった教員免許を無事に取得して、私が思ったメリット・デメリットを紹介していきます。

まの
まの

私が取得したのは、中学・高校の美術免許だけど別の教科においても同じことが言えるからよかったら見ていってね

働きながら大卒資格や教員免許を取得したいあなたにオススメの通信制大学!

デメリット

繰り返しになりますがとにかく大変です。教職課程を受講していない同じ学部の生徒よりも確実に忙しくなりなす。

具体的に何が大変だったかというと

①実習系。特に教育実習。

②勉強量が増える。

どちらも当たり前のことだけどわかっていても大変。

ほぼ避けては通れない教育実習。つらいこともあるけど経験することで自分が教職に向いているのかどうか判断する材料になってくれます。

勉強量は教職課程をとっていない友達よりも多いですが勉強する癖があるひとはあまり大変ではないです。(専門教科による)

今まであまり勉強してこなかった人はテストが辛いかもしれません…

また、授業が5限や6限に設定されることがあるのも覚悟が必要です。

メリット

勉強した証になる

教員免許はたくさんの人が持っているものではないため、大学生活4年間勉強頑張ったんだねと多くの人が認めてくれました。

免許は形に残るから口で「勉強がんばった」っていうより説得力がありますよね。

貴重な経験ができる

デメリットで挙げた教育実習ですが、とにかく大変でありとてもよい経験でした。教職に関わらなければできなかったことをたくさん経験できます。

例えば、大勢の人の前で話すことや授業を考えて実践してみること。

こんなこと自分にはできない…って思う人が多いと思いますが、教職課程という環境が強制的にできるようにさせてくれます。

教職課程は大きなことを達成させてくれるので「できた」という事実が自信につながります。

だから、学校の先生になりたいけど今は自信ない…という人でも大丈夫ですよ。

将来の選択肢が広がる

学校の先生になるために教員免許は必須です。

また、学校の先生以外にも教員免許があることでできる職業もあります。

更に、免許によって物理的に選択肢が広がることに加え、教職課程を通して視野が広がってやりたいこと・将来の夢の選択肢が増える可能性もあります。

教職課程を挫折した人の特徴

①親にやれって言われたからとりあえず受講している

②目的がなく何となく受講している

大体当てはまっていると思います。

自分で「とりあえずやってみよう」と思った人はチャレンジしているうちに本当に教職の心が目覚めることもありますが、

「親にやれって言われたから」って理由が一番注意で、大抵の人は途中で心が折れてしまいます。

他人にやらされてることって辛いし続かないですよね。

教員免許を取得したかった理由

絵を一生描いていたかった

美術にを職にするには【画家or美術教員】しかないという固定概念がありました。将来の夢はずっと画家だけど、画家って職業なのか?という疑問が小学生の頃からありました。

美術の先生なら現実的だな~と思い美術教員の道を視野にいれました。

絵が描けるという証

おばあちゃんになる頃までに画塾を開きたいなって夢が何となくあります。絵がある程度かけますよって証明するためには有名な美術大学を卒業するとか教員免許を持つくらいしか思いつかなかったです。

勉強した証

地方のクソバカ大学に在学していたためただ大学を卒業しただけでは微妙だな…と思っていました。加えてファッションは奇抜なのが好きで2年間派手髪、鼻にはピアス。好きなことを思いっきりやる分、けじめとして勉強で何か残したかったです。

教職の注意点

教職に就かなかった場合、10年で免許が消える

最近ルールが変わりましたね。2020年時点ではこうなっています。

更新手続きをすれば免許は継続されますが、更新できるのは教職に就く意思があるひとのみです。

消えるの勿体無いからとりあえず更新しておくか~は認められないみたい。

趣味の時間なんてない

教職実習の時に現実に近い体験を3週間させてもらったのですが自分の時間なんてほとんどとれませんでした。

※実習先によっては自分がやりたいことを中心に行動させてくれる学校もあります。どちらのタイプであっても貴重な体験で良い・悪いはないです。

趣味の時間がない…つまり絵が描けないということです。

教職は年功序列だから経験を積んでいけば自分の時間を確保できるのかもしれないけど、先が長い上に「時がたてば絶対自分の時間がとれる」という絶対の保証はない。

これが教員になることをやめた私の主な理由でした…

絵が描きたくて教職目指したのに絵が描けないと意味がない。

今は社会人でも普通大学でなくても教員免許が取得できる時代

教員になりたいけど教員免許もってないし社会人だしもしかして手遅れ…?

普通大学は学費高くて通えないよ…教員免許ほしかった;;

大丈夫!どちらのハムちゃんも諦める必要ありません!

今は通信制の大学で教員免許を取得することも可能です!!

通信制なら今社会人でも勉強しやすいし、学費も比較的安く抑えられますね。

諦めなくていいんだ~!

少しでも興味があったら調べてみるがいいですね!人気の通信制大学がまとめてあるサイトリンクを貼っておきます!

無料で資料請求ができたりLINEで進路相談に乗ってくれたりするみたい。

自分のペースで学べる通信制大学特集!まずはカンタン資料請求≪無料≫!!

最後に

参考になったでしょうか?

昨今は教員に求められることが多くなってきましたよね。

やりがいを搾取されるだけでなく

どんなときでも自分の価値観を大切にできる社会になったらいいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました