鬱病の転職活動【実践編】

▼メンタル
この記事は約8分で読めます。
この記事を書いた人
mano

■地方総合大学美術系学部卒業
■現在埼玉県在住
■新卒就職するも鬱病になり困っちゃった

manoをフォローする

▼あらすじ▼

鬱病になって新卒で入った会社を半年で辞めた。

現在も月1回で通院しているから鬱病の経歴を隠して入社するわけには行かず、必ず書類選考の段階で伝えてる

それでも2月中旬~現在(3月)までに

書類選考通過:8社 内定:2社

有難いことにもらえた。

前回の鬱病の転職活動に引き続き今回は行動編を書いていくよ!

まだ面接が残っているから現在(3月)も就活中。ともに上手くやっていこうな!

転職サイトを使う

doda・マイナビ・リクナビなどなんでもいいから自分に合った転職サイトを使おう。

ポイントはマイページに履歴書職務履歴書アップロードできること。

既卒なんて怖くない!4社受けたら1社内定!【ウズキャリ既卒】

【内定4社】鬱病+既卒+コロナ禍【dodaレビュー】
・dodaで内定を取りやすくする方法・dodaを実際に使ってみての感想・dodaを使ってどんな会社に就職したのか dodaで内定を取るコツ履歴書・職務経歴書のアップロードdoda上で履歴書と職務経歴書が公開できます...

理由①事前に鬱病経歴を伝えられるから

職務経歴などフリースタイルで書ける欄に鬱病経歴書いておくよ。

折角面接までいったのに鬱病が理由で見送りにされることを防ぐためにね。

理由②無駄な労力を排除するため

大抵の転職サイトは【応募ボタン】ワンタップ選考応募ができる。

企業がどこをみてWeb選考をするのかっていったらマイページにアップロードした履歴書・職務経歴書。これしか判断材料ないよね・・・多分。

企業によっては鬱病経歴がある人は絶対にNGな企業もあるからあらかじめ知ってもらうことで企業研究の作業を省く。

理由③見送りされた会社が気にならなくなる

時間をかけて企業研究し、履歴書・職務経歴書作成して企業にお見送りされるとダメージがでかい。

一方、【応募ボタン】ワンタップした企業に落ちてもあまりダメージにはならない。

企業名すらすぐに忘れるよ。

職務経歴書の書き方を工夫する

職務経歴書は自由に書ける特徴を最大限利用する。

まの
まの

ちなみにまのちゃん調べによると2枚丁度いいらしい

工夫①鬱病を他人のせいにしない

他人のせいにしない内容でしっかり説明しておく。

私は、鬱病に加えて早期退職というマイナス特性を持っているから以下のように書いてる。

【早期退職について】

自身の潔癖な面に気づかず、社員寮で8人のルームシェアをしていたところ鬱病になってしまいました。2カ月間の休職をしていましたが会社から「辞めるか」、「復職をするか」を訊かれ当時は急な復帰が難しかったため退職いたしました。

業務には支障ありませんが1カ月に一度通院をしています。

鬱病になった理由は一つではないと思う。

過去のフラッシュバック、前職の人間関係が上手くいかなかった、とか人それぞれだけど志望する企業100%の自分を知ってもらう必要はないよね。

そもそも理解なんてしてもらえない。

話辛いのは何より自分だし。

他責にはしない内容かつ自分が話しやすい理由軸に説明すればいいと思う。

そして

「それならしかたないかも・・・」

と採用担当の人に思って貰おう。

まとめると

職務経歴書は採用ご担当者様に「この理由なら鬱病になっても仕方なし」って思って貰えるチャンス場所

工夫②自己PRを書く

鬱病について書いた次の項目に自己PR作る

マイナスなことで全体を締めるとマイナス印象がついてしまうから

プラスのこと最後に書いておくこと。

職務経歴書のメインは自己PRですよってね。

御社に入社したい理由を箇条書きする

突然履歴書・職務経歴書を書き始めると内容がぶれて一貫性がなくなるよ。

内容がぶれると説得力がなくなる&面接のときに覚えることが多くて大変になる

箇条書きでメモしておけば

話の軸ができて覚えることが少なくなるから楽だよ。

企業研究をやりすぎない

私がやりすぎと思う企業研究は

内定が出ていない段階で会社レビュー調べること。

まだ自分に入社を決める権利がない時期にレビューを知ったところでどうにもならないと思う。

調べることって結構疲れる。

レビューが悪いから選考応募を辞めたとして本命企業に出会ったときに

「現在内定はありません」

で自信をもって面接に臨めるだろうか・・・

面接慣れしていない状態で面接に行って採用してもらえるだろうか・・・

「御社以外考えられない」

とか

「もう心に決まった企業の内定を持っている」

場合は調べても損はないと思うけどね。

転職理由を鬱病だけにしない

面接で転職理由を聞かれることが多い。

他の人なら「スキルアップのために!」とか御社に入社する理由を伝えるコーナーなのに「うつ病で会社を辞めたので・・・!(察しろ)」なんてネガティブポイントで終わっていいはずがない。

うつ病でなくても転職をしたいと思っていました!

って御社へのアピールができるように心がけている。

鬱病の面影を出さないこと

面接でこいつは採用してもまた鬱病になりそうだな

って思われないようにしないと当然採用はされないよ。

面接においての鬱病面影ポイントは

  1. 声が小さい
  2. 言葉が頻繁に途切れる

だと思ってるから、スラスラ言葉が出てくるかつ堂した態度でいられるように声に出してあらかじめ面接準備をしておくよ。

今のところ面接突破率100%!(まだ2社しか結果が来てないだけ)

鬱病の話はおまけで御社で働きたい想いを伝えに来ました~

の雰囲気を発言内容態度からモンモンと出していく。

一度社会との関りを切る

社会からの関りを切ると周りの目気にしなくなるよ。

私は新卒で地方から上京している。

会社をやめたことはまだ家族に伝えてない。

さらに半年くらい引きこもってるから社会との関りなんて殆どない

当たり前だけど親には何も言われない。

誰とも関わってないから上手くいっている人と比べることもない。

鬱病がよくなって趣味ができるようになったから1日に波はあれど数か月好きなことをして過ごしているわけだけど

誰からも文句評価言われない世界で長期間好きなことに時間を使ってると自信わいてくる

今悩んでいる人に一度社会と関係を切る選択を是非取ってほしい。

特に親元から離れることに勇気がいることはわかる。

でも親元にいれば周りから

「自立すれば?」

と言われるし、自立して生活が大変になると

「実家かえれば?」

って言われるんだから心が休まる環境自分選択した方が幸せだよ。

(親が悪いわけではないよ。心配する気持ちから声をかけてくる可能性もある。毒親は除く)

行動に移して私が合わなかったこと

※あくまで「私が」

※一人ひとり合う就活方法は違うよ

就労支援

働きたいけどどうしたらいいかわからなくてとりあえずハローワークに行ったよ。

担当者さんがついてくれて

就活の相談・企業紹介・履歴書添削

をしていただける。

厳しくも思いやりのある人で担当者さん自体は好き。

理由①労力を就活だけに絞りたい

ただ毎回悩みごとがあるわけではない上にコロナ対策で面談は大抵30分。

この30分の面談だけにかける化粧・移動時間・下準備の労力を

企業研究・書類作成・企業面接の準備をする労力に向けたかった。

加えて、転職サイトでできた鬱病経歴ありますよふるいに初回でかけられないから時間をかけないといけない企業が無駄に増える。

目的は、就労支援に行くことではなく就職することだもんね。

理由②テンポが悪い

人を介しての就活だとどうしても受け身中心テンポ悪い就活になってしまう。

私は自分で勝手に動きたい。

良くも悪くもマイペースなんだよね。

良い点

第三者が就活に関わってくるから強制力は一人よりも強くなる。

就活スタートに背中を押してもらえて本当に助かった。

厳しい言葉ももらったけど履歴書添削も助かった。

「これは選考に通る履歴書だよ」

と最終的にはいってもらえて自信がついたよ。

某エージェント

同上に他人を介しての就活になるからテンポ悪い就活になる。

一度面談を行ったときに

「ただでさえコロナ不況なので鬱病経歴ありで通院中となると厳しいですね~」

と言われた。

まの
まの

それはそう

だから当てにならなかった。

あと希望しない職種のメールが多くてウザい。

現在

就労支援とエージェントは現在ほったらかしにしてしまってる・・・

事後報告でいいよね。

文字が散って自分で探せない人(一時期の私)とかは提案型の方があってると思うから自分にあったサービスを利用するといいと思う!

鬱病就活ポイントまとめ

  1. 転職サイトをつかう
  2. 職務経歴書の書き方を工夫する
  3. 転職理由を鬱病だけにしない
  4. 面接の練習をする
  5. 一度社会との関りを切って周りの目を気にしない自分を味方につける

自分にあった就活をともに模索していこうね

コメント

タイトルとURLをコピーしました